この記事を削除しますか?

[商業]
「アーケードからの脱却」を図る老舗ゲームスタジオHousemarque、バトロワ新作開発を中断し、さらに野心的な大作に力を注ぐ [+52]

https://automaton-media.com/articles/newsjp/20200124-111313/

フィンランドのゲームスタジオHousemarqueは1月23日、バトルロイヤルゲーム『STORMDIVERS』の開発を中断し、別途開発を進めているAAA級タイトルに注力することを発表した。今年スタジオ設立25周年を迎える老舗開発スタジオHousemarque。
1995年に生まれたHousemarqueは、『RESOGUN』『Alienation』『Nex Machina』などアーケードライクなゲームを得意とし、高い評価を獲得。
しかしながら時代は移り変わり、彼らが得意としてきたジャンルでは、売り上げを出し開発費をカバーすることが難しくなってきた。
そして2017年8月、先述したスタジオCEOのKuittinen氏は「ARCADE IS DEAD」(アーケードは死んだ)と題したメッセージを投稿。アーケードライクから脱却し、新しいジャンルに挑戦していくと表明した。
パスワード
[トップに戻る]